末端冷え性 対策

末端冷え性 対策

末端冷え性の原因と対策、改善方法を紹介。

通販ギフトショップ > 末端冷え性 対策

末端冷え性 原因

スポンサード リンク

主に手足の先が冷えるのが末端冷え性です。

あしさきが冷えて、夜寝つけない、指先がかじかんで、節々が痛んだり、しびれたりする・・・。などの症状があります。

冷えの原因は寒さによるもの・・・・と思いがちですが、そもそも自律神経がうまく働いていないためと思われます。

スポーツ選手の冷え性って聞かないと思いませんか?

カラダを動かし、食事にも気を使っているアスリートの人たちは、不規則な生活になりがちな現代人と対極にある健康体。

つまり、

食生活、運動、睡眠など総合的に自律神経の作用が不安定になっていることの症状のひとつとして冷え性を捕らえてみると、分かりやすいかと思います。


単に、
手袋をしよう。靴下を履いて寝よう。
で改善しない場合は、「寒いから」という原因だけでなく、

代謝がわるいから
自律神経が乱れがちだから

という、抜本的な原因の見直しが必要かもしれません。

末端冷え性 男性

スポンサード リンク

男性の冷え性は少ないと思われがちですが、最近では男性も女性同様に悩むケースがあるようです。

実は、冷えに性別は関係ありません。

一般に女性は自分のカラダへの注意力があって、「寒さ」「暑さ」への対策を速やかに行う傾向があるのに対して、男性は仕事中など、何かに集中しているときには手足が冷たいと感じても、それに対応することが少ないために、男性の冷え性がないかのように思われているだけのようです。
こういった行動の差から、男性は対策が遅くなりがちなために、かえって重い病気を引き起こしてしまうということがあるとか。

そういった場合は、飲みすぎ、夜更かしなどの生活を改善し、自律神経を整える必要がありそうです。

末端冷え性 足

冷えで最も代表的なのが足の冷たさが挙げられると思います。

靴下を履いて寝る。外出時にクツ用のカイロを入れる・・・などの対策を採っているというケースもあると思いますが、これらは対処療法に過ぎません。

靴下はかえって締め付けがあって、足先への血流が悪くなる場合もありますし、カイロはあたためすぎて足が汗をかき、それが冷えてかえってつめたくなってしまうケースも見受けられますので、本来の改善にはならないとか。
それよりもむしろ、足指をグーパーするなどの運動をした方が血流をよくするため、改善に近いかと思われます。


先日、ある皮膚科の医師が提案していたところによれば、意外なことに足の角質を取り除くと足の冷えによいそうです。

角質が足裏の神経を鈍らせているのが原因で、角質を取り除くことによって足裏が刺激を適正に感じて血流がよくなるとのことでした。


くつしたを履くなどの対処療法で改善が見られない場合は、角質ケアもひとつかも知れません。それでも症状がよくならない場合は、新陳代謝を高めるなど、もっと生活習慣全体を見直す必要がありそうです。

冷え性関連INDEX

冷え性 改善

末端冷え性 対策 トップへ戻る