カキフライ

カキフライ

カキフライのレシピから美味しいカキの見分け方まで。

通販ギフトショップ > カキフライ

カキフライ レシピ

むっちむち&サックサクのカキフライ♪

早速レシピに入ります。

<材料>

・牡蠣
・小麦粉
・卵
・パン粉
・塩
・コショウ 
・サラダ油(揚げるので・・・)
・レモン汁


<用意するもの>
・菜箸
・バット(牡蠣の下ごしらえ、パン粉などを入れる、フライを取りあげる)
・キッチンタオル(牡蠣の水分を取る、フライの余分な油を吸収させる)



<ポイント>
・牡蠣、卵は新鮮なものを選んで。

・パン粉はできれば自家製のものを。
冷凍させたパンをおろし金でおろしたり、2日程度乾燥させたパンを適当にちぎって、フードプロセッサに軽くかけるといった方法でできます(^^

・油は多めにする。油の温度が変化しにくいのでうまく揚がります。

・小麦粉、溶き卵をまんべんなくつけます⇒ついていないところは、パン粉がはげます(^^;


<作り方>

~準備~
・卵は溶いておく!(卵黄、卵白が分離している程度でもOK)
・パン粉、小麦粉、とき卵をバットやボールに入れて、作業が手際よく進むように並べておく。
・お皿やカトラリー、レモン汁などすぐに食べられるよう、テーブルも準備!!


1:牡蠣をあらう。
食塩水をいれたボールにいれてゆっくりとかき回す程度で洗います。

2:水分をふき取る。
キッチンペーパーで完全に水分をふき取り、キッチンペーパーを敷いたバットへ並べていきます。

3:コショウをふる
一連の作業は、カキの水分が出てこないうちに手早く行います。

4:溶き卵にくぐらせます
パン粉がつきやすくなるようにするので、全体につけます。

5:パン粉をつけ、にぎるようにして形を整えます。
握り過ぎないように。「軽く」握ってください。

6:180度の油で揚げます。
片面40秒。ひっくり返して20秒。浮いてきたら引き上げます。
なかなか浮かない場合は、焼き色が均等になるように適宜ひっくり返します。

7:キッチンペーパを敷いたバットへ引き上げます。
したたる油がないようなら
お皿へ移し、

アツアツを食べます~~~♪


いただきますっ

かき鍋 レシピ

あつあつの かき鍋でココロもカラダもあたたまる~♪

早速レシピの紹介です。

<材料>
・かき
・豆腐
・白菜
・白ネギ
・タマネギ
・きのこ類(しめじ、えのきなど)
・ほうれん草
など。

量はお好みで。

だし汁4カップ
酒 大匙2
しょうゆ 大匙1



他、
ポン酢など。


1:材料を切る。かきを洗う。

・白菜:葉と軸に分けます。さらに葉は2等分、軸は削ぎ切りで2等分するなどして鍋に入りやすい長さにします。

・ほうれんそう:ボールなどに入れて流水で洗い、根元付近の葉に入り込んだ土をよく落とします。根を切り落としたらさらに5センチ程度の長さに切ります。

・白ネギは斜め切り、タマネギは大きめに。

・キノコ類はいしづきを切り落とし、食べやすいサイズに。

・牡蠣はざるにいれ、そのまま塩水につけて、ふるい、殻などが残っていないか確認します。


2:だし汁4カップ、酒大匙2、醤油大匙1を鍋に入れて煮立てます。

3:1で切った材料を入れて煮ます。

4:ポン酢などで食べます~♪


ポイント:牡蠣は過熱しすぎないように、野菜類が食べられる状態になってから、最後に投入すると硬くならずに美味しく食べられます♪

かき 見分け方

かきの見分け方。

・鮮度のよいものを選びます。
・オスの牡蠣を選びます。


生食用と加熱用
これは、どちらも鮮度は同じです!!
生息している地域の水質によって、生食用と加熱用に分けられているだけです。


鮮度のよい牡蠣は
黒いフチの色がはっきりとしていますので、
なるべく縁取りのあざやかなものを選びます。



メスの牡蠣は産卵などで体力を消耗しているため
オスの牡蠣を選びます。

ぷっくりと太っているほうがオスです。



海のミルク、栄養タップリのカキ。
より美味しいものを選んでくださいね。

カキフライ トップへ戻る